SMALL JAZZ

HARD JAZZ

ABOUT ECO PICK

そのサウンド、クリアーで長寿命。
ペットボトルがピックに姿を変え、数々の新しい音楽が生まれる。
ギタリストが常に消耗し続けるのがピックです。

Countless guitar picks are constantly being exhausted to no end by guitarists.
We have transformed plastic bottles into picks,creating beautiful new music with its’ crystal clear sound and lasting durability.

The more a guitarist plays in live shows and rehearsals, the more wear their pick will show. Some guitarists will prefer to alternate between multiple picks in a single live show. Bearing this in mind, we thought maybe we could reduce the amount of tossed picks by redesigning one that would be much stronger and more durable than an ordinary pick. After examining numerous materials, we decided to focus on polyethylene terephthalate (PET) used in plastic bottles. By utilizing the PET in plastic bottles, we were not only able to create durable picks, but we can also help towards recycling raw materials to help the environment.
However, the most important aspect of a guitar pick is to produce a “great tone.” During the development stages of the pick, we gathered the opinions of many musicians and artists to find the best sound. We have successfully created a pick, fashioned out of a recycled plastic bottle, with a clear, beautiful tone and excellent durability, the “ECO PICK.”

イブやリハーサルなど、弾きつづけるほどピックは磨耗します。弾き方によっては1回のライブで何度もピックを交換する方もいるでしょう。もしプレイヤーのために耐久性の強い、磨耗の少ないピックを作ることができれば 廃棄物になってしまうピックを減らすことができるのではないか、と考えました。様々な素材を検討した結果、ペットボトルに使われるポリエチレンテレフタレート(PET)に注目しました。素材をPETにすれば回収したペットボトルからピックを作りだすことが可能になり、PETの再資源化を実現することになります。しかし、ピックの重要な使命は「いい音」を出すことにあります。開発の段階で数々のミュージシャン、アーティストに多くの意見を求めました。そして、いま。ペットボトルから生まれた、クリアーな音色と耐久性に優れた新しいピック、「エコピック」が完成しました。

Toshi Yanagi(日本語)

Toshi Yanagi(ENGLISH)

Aaron McLain

Our Team

Toshi Yanagi

Aaron McLain

Kirk Fletcher

SHOTA

Bruce

會田茂一

Curly Giraffe

岸野一

Kazumaro Kominami

Makoto Kawabe

Daisuke Udagawa

シンカワサキ / shinkawasaki

Takeshi

鈴木早織
Saori Suzuki

Kentaro Saito

ABOUT ECO MUSIC

「地球に優しい、新しいモノづくりのカタチ」
“The new, eco-friendly form of creating.”

How can we reduce the amount of waste accumulated through playing music?

There are some every day items that leave you no choice but to dispose of them as trash. But in the back of your mind, you may feel uneasy about it. Perhaps this is because you think to yourself, “Isn’t this recyclable? Can I somehow repurpose this?” Musicians are often confronted with the same dilemma.
In music, there are a variety of “trash” that can accumulate: broken drum sticks, worn picks, broken strings, cracked cymbals, dead tubes, metal parts, electronic components, etc. However, upon throwing any of these away, there is a moment of regret accompanied by the thought, “This is such a waste.” We, at ECO MUSIC, believe in the concept of “Eco-Friendly” acts. Under this guiding principal, we are constantly focusing on how to repurpose this increasing “waste,” in order to allow musicians to fully dive into their musical activities while simultaneously being ecologically responsible to our Earth. To begin our first step towards our goal, we created extremely durable picks called ECO PICK. This pick is designed to have a long lifespan while withstanding more wear after prolonged and frequent use, thus leading to less picks exchanged and as a result, less trash over time. Furthermore, we use recycled plastic bottles as the resource to make these picks. This has sparked much discussion within our company about how we can better utilize more recyclable materials and “trash” for musicians. We hope that our vision reaches many musicians and together, we can inspire more innovative methods of fueling creative solutions towards reducing waste.

音楽活動を通して出るゴミは減らせないのでしょうか?

必要不可欠なものでありながら、使用後は捨てざるを得ない消耗品は、日々の生活において常に頭を悩ませる問題です。なぜなら頭のどこかで「使い方によってはまだ使えるんじゃないか?」と考えてしまう からです。ミュージシャンにとっても同様です。
音楽活動における廃棄物としては、 折れたドラムスティック、磨耗したピック、切れた弦、割れたシンバル、寿命の尽きた真空管、金属パーツや、電子部品など数多く挙げられますが、どれも捨てる際に「もったいない」と考えずにいられないものばかりです。エコ・ミュージックでは、新しい音が生まれるたびに増えていくこれらの廃棄物のリサイクル、「地球に優しく」をキーワードに音楽活動に取り組めばどんな結果が出せるかを考えています。最初の取り組みとして「耐久性に優れたピック」=エコピックを完成させました。磨耗が少なく、寿命の長いピックならば交換の頻度も少なくなり、ゴミが減る結果につながると考えております。そのうえ、廃ペットボトルを素材にしているので資源のリサイクルも実現させました。現在では先に挙げたような廃棄物を使ってできることを、模索しています。まだカタチにはなっていませんが、様々な発想をもとにいくつかの試みが行われています。私達の試みが多くのミュージシャンに伝わり、新しいモノづくりを実現させていければと考えています。

BLOG

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 年末年始の休業期間を下記とさせて頂きます。 【年末年始休業】 2023年12月30日〜2024年1月4日 来年もよろしくお願い致します。
ブルース・ミュージック・アワードに何度もノミネートされているギタリストであるKirk FletcherにECOPICKについてインタビューさせていただきました。
お客様からのオーダーいただきました、オリジナルエコピックです。

CUSTUM PICKS

オリジナルエコピックを作りませんか?
You can make your own eco-pick.

1)印刷方法を決める

写真やデザインデータをそのままピックにしたい方
 インクジェット方式がお勧めです。
*透明(0.6mm,0.8mm,1.0mm,1.5mm),白色(1.0mm)

ラメや金、銀、派手派手なピックが作りたい方。
 ホットスタンプ方式がお勧めです。

好きな色を使いたい方。
 シルクスクリーン印刷方式がお勧めです。
*特色対応いたします。(DIC,PANTONE,など)

2)ピックの形状を決める
3)枚数を決める

100枚単位でオーダーできます。

4)メールでオーダー

mail@niceinc.jp

1) Select printing method

Copy and print photo-image or design-data: 
Inkjet printing is recommended.
* Transparent (0.6mm,0.8mm,1.0mm,1.5mm, White(1.0mm)

Lamé, gold, silver, lousy, showy, and bling-bling lovers: 
Go for Hot-stamping.

Want the color I want: 
Screen-printing is the one for you.
* Custom color order is available (DIC,PANTONE, etc..).

2) Select pick shape(type)
3) Decide quantities

 Available starting from 100 picks.

4) Make an order via email

mail@niceinc.jp

contact information

write us or contact us on our social media

COMPANY

株式会社ナイスカンパニー
152-0031 東京都目黒区中根1-2-17 3F
03-3725-3355

取扱店を募集しています。

エコピックはお取り扱い店様を募集しています。

上記CONTACTより、お気軽にご連絡ください。

JAPAN

United States